MPC-68 BBS

縮小画像はクリックで拡大表示します。
#132 MPC-LNK,LNK2 歴代ボードと保守交換について
acceleng 2006年2月10日(金) 14:39 関連: MPC-LNK
  1  2
  3
写真1) MPC-LNKシリーズ (対応CPUは MPC-68K,MPC-684(DIP))
 左から [1]CEP-028A [2]CEP-028B [3]CEP-028C  (MPC-LNKの最終版はCEP-028Dです)
 
 DC/DCコンバータの有無、10ピンPSコネクタの有無 などに違いがあります。
 PC側はPC-LNK使用。

写真2) MPC-LNK2シリーズ (対応CPUは MPC-68K,MPC-684(DIP),MPC-684F)
 左から [4]CEP-076A  *[5]CEP-076B [6]CEP-076C(2006年2月現行)
  *[5]にはRACK-N13対応(シール貼付)とRACK-N13非対応(シール無し)があります。
    写真はRACK-N13対応品です。シール有りと無しは別物です(ハードが異なります)。
 
 10ピンPSコネクタの有無、SRAM(FROMの上)、搭載ゲート(バス側左) に違いがあります。
 PC側はPC-LNK2、USB-LNK使用。

写真3) 基板型式(CEP)表示部分
 上:MPC-LNK2シリーズ、下:MPC-LNKシリーズ

-----------------------------------------------

◆MPC-LNKの保守交換について
・MPC-68K,MPC-684(DIP),MPC-684F いずれのシステムでもLNKボードを差し替える
  場合は、その装置で使用しているものと同等の製品(同じCEP番号。CEP-076Bについては
  シール有or無)をお使いください。
  それが出来ない場合は最新(2006/2現在は上記[6])を使ってください。
・MPC-68K(FROM)にMPC-LNK2を使う場合は上記(6)を使い、68Kのファームウェア(システム
  データ)は必ずREV-2.69c以降にアップデートしてください。
  (MPC-68K(PROM)にはMPC-LNK2は使用できません)
・MPC-LNK/PC-LNKシリーズとMPC-LNK2/PC-LNK2/USB-LNKシリーズの併用はできません。
  MPC-LNK2にはPC-LNK2、USB-LNKをお使いください。
・現在のMPC-684Fには上記[6]を使い、684Fのファームウェアもその時点での最新版を入
  れてください。

・同一CEP番号のLNKに搭載されているファームウェア(FROMデータ)の内容は同じです。
・LNK搭載のFROMがCEP-078以前の古い物ならばFROMをコピーし直しますのでボードを
  送ってください。  参照 http://acceleng.jp/_bbs35/bbs35.cgi?article=41

-----------------------------------------------

◆MPC-LNK/LNK2 製造履歴

  製品名    製番  製造年月 基板型式
  MPC-LNK2  1242  2005/09  CEP-076C
  MPC-LNK2  1197  2005/01  CEP-076C
  MPC-LNK2  1149  2004/04  CEP-076C
  MPC-LNK2  1093  2003/11  CEP-076B N13対応シール
  MPC-LNK2  1064  2003/05  CEP-076B
  MPC-LNK2  986   2002/02  CEP-076B
  MPC-LNK2  946   2001/04  CEP-076B
  MPC-LNK2  936   2001/03  CEP-076B
  MPC-LNK2  920   2001/02  CEP-076A
  MPC-LNK2  908   2000/12  CEP-076A
  MPC-LNK   879   2000/10  CEP-028D
  MPC-LNK   792   2000/04  CEP-028D
  MPC-LNK   716   1999/08  CEP-028D
  MPC-LNK   652   1999/03  CEP-028D
  MPC-LNK   581   1998/06  CEP-028D
  MPC-LNK   528   1997/12  CEP-028D
  MPC-LNK   441   1997/02  CEP-028D

  ※製番は基板裏面にスタンプしてあります。

*index mode*
CGI-design